CRぱちんこ冬のソナタ2攻略法2 − 負けない台選びをする

「負けない台が、つまりは勝てる見込みの高い台」というのは常識。その意味において、スタートチャッカーに球が入りやすい台選びをするというのも、当然のことですよね。ところが、その台選びの”明確な基準”となると、意外に利用していない人が多いものなんです。

実際に打つときのことを思い出してみてください。感覚のみに頼って、「これが良い台だ。」というような選び方をしていませんか?それでも、負けないようであれば大丈夫ですが、そうでないなら、次からは”ボーダーライン”で台を選ぶようにしてみてください。

ボーダーラインは1000円あたりの投資額に対して何回デジタル画面が回るかを、換金率ごとに導き出した言わば損益分岐点で、台選びの明確な基準として唯一と言っても良い程のもの。CRぱちんこ冬のソナタ2では以下のようになっています。

換金率:2.5円 → 回転数:20回
換金率:3.0円 → 回転数:19回
換金率:3.5円 → 回転数:18回
換金率:4.0円 → 回転数:16.6回

また少し難しくはなりますが、確実な勝ちにつなげるためには、これらの回数+3〜+5となるような台を見つけることも大切なポイント。ですから、いつもボーダーを下回るような台しか置いていないようなホールは、さっさと見切りをつけてしまいましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。